交通事故と後遺症

交通事故に遭ってケガをした場合にすぐに病院に行くことで治療を受けることができますが、一定の期間治療を行っても機能障害などの症状や傷痕が残ることを後遺症といいます。交通事故の後遺症と言えば、むち打ちをイメージする人も多いのではないでしょうか。むち打ちは車に乗っている際に追突や衝突、急停車などによって、首が鞭のようにしなったことで起こる症状です。ただし医療の分野ではむち打ちという傷病名はなく、頚椎捻挫や頚部挫傷、外傷性頸部症候群と呼ばれています。むち打ちの症状と挙げられるのが、めまい頭痛、吐き気や肩こり、背中の痛み、倦怠感、疲労感などです。むち打ちの中でも多い頚椎捻挫は首を伸ばすと痛みを感じることから首や肩の動きが制限されることもあります。

むち打ちむち打ちは外見的な外傷はなく、医療機関でレントゲンやMRIの検査を受けても見つけにくいものであり、自覚症状に診断を頼ることがほとんどです。事故後すぐに症状が現れる人もいますが、中にはしばらく経ってから症状が現れる人もおり、交通事故が原因であることに気が付かないこともあります。むち打ちの症状が現れた場合は、必ず整形外科を受診し治療の方向を相談するようにしましょう。状況に応じて整骨院や接骨院に切り替えることもあります。

交通事故による後遺症と言えばむち打ちのイメージが強いのですが、この他にも後遺症があります。ここでは交通事故によって起こる後遺症について紹介させていただきます。